コーヒー豆の焙煎の度合いは大きく分けると
「浅煎り」「中煎り」「深煎り」3段階
ですが、さらに細分化した“8段階”の焙煎度合いが基本となります。
銘柄や品種などによって誤差はありますが、一般的に「浅煎り」であるほどコーヒーの味は酸味が強く、
「深煎り」であるほど苦味が強くなります。

1.ライトロースト  Light roast 《浅煎り焙煎》

最も焙煎が浅く、コーヒー豆にうっすらと焦げ目がついている状態。
香りやコクが不十分で、一般的に飲用になることはほとんどありません。

 

2.シナモンロースト  Chinamon roast 《浅煎り焙煎》

名前の通り、シナモン色になる程度まで焙煎したもの。
まだ生豆の青臭さが残り、一般的には飲用に適しませんが、豆の酸味が最も強い煎り方であることから、
コーヒーの酸味好きにはたまらない一杯が抽出できるようです。

 

3.ミディアムロースト  Medium roast 《中煎り焙煎》

中炒りということで、それなりにバランスの良い焙煎。
茶褐色でまだまだ酸味が強く、苦味はほんの少し感じられる程度で、弱いのが特徴です。
アメリカン・タイプの軽い味わいを好まれる方にはおすすめです。

 

4.ハイロースト  High roast 《中煎り焙煎》

ミディアムよりやや深い炒り方で、酸味とともにやわらかい苦味や甘味が感じられるコーヒーが抽出できます。
さわやかな酸味は残しつつもコーヒーらしい苦味や甘みが感じられ、バランスに優れた味わい。
柔らかな口当たりのスッキリした苦味が特徴です。

5.シティロースト  City roast  《深煎り焙煎》

シティロースト以降は「深炒り」と呼ばれる部類。
深煎りの最初の段階であるシティーローストは、バランスのとれた酸味と苦味が特徴。
コーヒー豆の色は鮮やかなコーヒーブラウンで、最近ではエスプレッソ用として使用されることもあります。
日本でも「レギュラーコーヒー」の王道になりつつあります。

 

6.フルシティロースト  FUllcity roast 《深煎り焙煎》

色はダークブラウンとなり、コーヒー豆の表面に油がにじんできます。
酸味よりも香ばしさや苦味が強く感じられ、アイスコーヒーやエスプレッソに適した焙煎度合い。
香ばしさも強くかんじられることから、コーヒーの芳醇な味と漂う香りも同時に楽しみたい人におすすめです。

 

7.フレンチロースト  French roast 《深煎り焙煎》

焙煎度合いが深くなり、黒に近い焦げ茶色。強い苦味とコク、独特の香りが楽しめます。
酸味はほとんどなくなり、苦味が一層際立ち、香りの質も変化します。
カフェオレ、ウィンナーコーヒーなどミルクやクリームと掛け合わせるヨーロピアンスタイルのアレンジに向いており、コーヒーならではの苦味が存在感を発揮します。

 

8.イタリアンロースト  Italian roast 《深煎り焙煎》

最も焙煎が深く、豆の色は黒に近い状態。表面は、油分でツヤツヤと光り出します。
重厚な苦味と深いコクが特徴で、エスプレッソやカプチーノなどイタリアを代表するコーヒーの飲み方に適していると言われています。

PAGE TOP